咬筋を弱める

注射器

咀嚼で咬筋が鍛えられるとエラが目立ちやすくなります。手っ取り早く咬筋の過剰な動きを抑制するには、ボトックス治療が1番です。硬くなった筋肉を解してくれるので、エラ張りのない理想の小顔を手に入れることができます。

詳しく見る

アレルギー反応が稀に出る

看護師

エラ部分にボトックスを注入して、アレルギー反応が起こらないか不安ですよね。アレルギーを持っている方は、アレルギー作用が出ないように施術前に医師とのカウンセリングをしっかり行いましょう。

詳しく見る

ボトックスの治療周期

注射器

ボトックスの効果を高めるためには、継続的に治療を受ける必要があります。エラ部分にボトックスを注入したら、持続効果は半年から1年程と言われています。持続期間を延ばすには治療周期を理解し、施術計画を立てることが大切ですよ。

詳しく見る

良い病院の選び方

女性看護師

ボトックス治療はエラを削る必要がないので、ダウンタイムはほとんどありません。しかし、医師の腕によっては副作用が出ることもあります。安全に治療を受けられるように自分に合ったクリニックを見つけましょう。

詳しく見る

安心して受けれる美容整形

看護師

ボトックスならエラを削る必要がない

顔のエラ張りを解消するのは簡単なことではありません。でも、手術をしてエラを削るのは肉体に大きな負担がかかりますし、傷跡が残らないか心配ですよね。実はエラを削らなくても小顔にできる治療法はあるのです。それは、ボトックス注射を使用した治療法です。ボトックスとは、ボツリヌス毒素から抽出した成分です。強い毒を持っていますが、ボトックス治療で使われている成分は、毒を抜いていますので、体に注入しても副作用が出る心配はありません。エラが張っている部分にボトックスが入った注射を打つことで、筋肉の働きを抑えてくれます。筋肉の発達によって、エラは張っていきますので、筋肉の働きを弱めることで少しずつエラを解消していきます。エラを削る手術だとメスで切開をするので、どうしても痛みが伴います。ボトックス治療の場合ですと注射器を使用するので、痛みはあまりなく、傷跡も目立ちません。また、エラ削りだと高額な治療費がかかりますが、ボトックスはお手頃な価格で治療を受けることができます。ただし、注意しないといけないのがエラ削りと違いボトックスには、半永久的効果はありませんので、持続効果は半年から1年間しか持ちません。効果を長続きするには、定期的にボトックス注射を打たなければなりません。また、骨格が原因によるエラ張りの場合ですと、ボトックスだけで改善をするのは難しいのもデメリットです。しかし、筋肉の発達が原因でエラが目立ってきたのであれば、エラ削りよりもボトックス注射が効果的です。半永久的効果はなくても、何度かボトックス治療を受けていると固くなっている筋肉を柔らかくしてくれるので、効果が高まり、持続効果期間も延びていきます。ボトックスの効果が高まると治療を受ける回数も減っていきますよ。ボトックスを注入してもらって、万が一満足のいかない仕上がりになっていても、効果が薄れていくと元の顔に戻れるので、安心です。また、ボトックスにはエラ改善だけではなく、顔のシワやたるみ、多汗症も改善してくれます。顔のシワやたるみも筋肉の過剰な動きによってできるので、表情筋の働きを抑制することで、シワやたるみを目立たなくして、肌を引き締めてくれます。多汗症の場合ですと汗腺の過剰な動きが原因で汗が出やすくなるので、ボトックス注射で汗腺の働きを抑えることができれば、汗が出る量も少なくなりますよ。このようにボトックス注射には女性に嬉しい効果をもたらしてくれます。通常の整形だと顔や体を切って治療をするのですが、ボトックス治療は注射だけを使用するので、注射跡が残ってもメイクで隠すことができるので、周りに整形をしたことを悟られる心配もありません。メスを使用しての大掛かりな手術をするのが不安な方は、ボトックス注射をするとエラが改善されて、顔が小さくなりますよ。